株式会社及川健康管理士事務所

平日 9:30-18:00 土日祝休み
〒135-0016 東京都江東区東陽 3-5-11
東陽ファーストビル6階

お気軽にお電話ください 03-6666-8660

健康経営とは

健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できる」との基盤に立って、 健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することを意味しています。 従業員の健康管理・健康づくりの推進は、単に医療費という経費の節減のみならず、 生産性の向上、従業員の創造性の向上、企業イメージの向上等の効果が得られ、 かつ、企業におけるリスクマネジメントとしても重要です。 従業員の健康管理は経営者であり、その指導力の元、健康管理を組織戦略に則って展開することが これからの企業経営にとってますます重要になってくるものと考えられます。

特定非営利活動法人 健康経営研究会HPより

少子高齢化に伴う人材不足の深刻化、従業員の高齢化及び生産年齢人口の減少、 健康増進に積極的に取り組む企業を社会的に評価する仕組みや法制度の整備などの理由により、 社会的な健康経営への関心は高まりつつあります。

目次

健康の定義

世界保健機構(WHO)憲章によって「健康とは、身体的、精神的、並びに社会的に完全に良好な状態にあるものである」と定義されています。
すなわち健康とは単に病気や虚弱でないばかりでなく、身体的にも体力値が高く、社会的(地域社会や職場など)にも豊かな人間関係があり、 精神的にも安定している状態であるものとする、いわゆる「3つの健康」をもって定義として掲げられています。
健康の定義を掲げることで、個人から企業、国家に至るまであらゆる段階において健康管理をしてゆく必要があります。

弊社は、プロフェッショナルな医療集団として『3つの健康維持・増進』の具現化実現を図ります。

企業・従業員の健康メリット

事故・病気の減少健康保険料の削減医療費削減本人と家族の幸せに繋がる職場の雰囲気がるくなる働きやすい職場環境生産性や売上の向上健康ブランドの確立顧客満足度の向上優秀な人材の確保企業イメージの向上

健康管理で従業員の事故や病気が減少する事により、
健康保険料の削減や医療費削減、本人と家族の幸せ、職場の雰囲気を明るくする事ができ、
結果として顧客満足度の向上や企業イメージの向上、優秀な人材の確保へと繋げる事ができます。

健康経営優良法人制度とは

健康経営の「見える化」環境の整備社会的評価株価の向上

健康経営優良法人制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営を「見える化」することで、企業が従業員や求職者、関係企業や金融機関などから
「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組でいる法人」として社会的な評価を受けることが出来る環境を整備することを目的としています。

また健康経営を促進させる事で組織の活性化をもたらし、結果として企業の業績や株価の向上に繋がると期待されています。

従業員様の健康改善を行うためのスキーム

産業医が面談しやすい従業員の「健康診断結果個人別・項目別ワースト一覧表」

産業医は健康診断の結果を受けて、従業員との面談をする必要があります。
しかし、ただ結果表を見ても「誰のリスクが一番高いのか」「優先順位はどうなるのか」がわからず、なかなか面談が進まなくなってしまう事が少なくないのが現状です。

そこで、本事業では従業員の健康診断結果表を全て預かり、スクリーニングを行う事で、「個人別・項目別ワースト一覧表」(下記:図参照)を作成。 従業員の健康リスクを「見える化」します(健康成績表)。

これにより、産業医は面談者の抽出や優先順位を瞬時に決める事ができ、早い段階で改善計画作成に入ることが可能となります。

健康への本人の自覚醸成

健康改善は本人の自覚なくてはあり得ません。
産業医が面談した従業員を中心に、本人の健康改善への自覚を促します。

改善を実現する意識に変えるため、集中勉強会を繰り返し開催します。
またその後、保健師等と面談を重ね、相互信頼を深めていきます。

健康管理士・保健師等医療チームによる面談とPDCA計画書作成

産業医の指導の下、本事業の健康管理士・保健師・栄養管理士・看護師等医療チームが手分けして
複数回、従業員との個別面談を重ねます。

その上で、具体的な改善策と改善数値目標を設定した各従業員別のPDCA計画書を作成します。

進捗確認のため面談

PDCA計画書は事業計画と同様に、常に進捗確認が必要となります。
PDCA計画書作成後の最初の時期は、半月に1度、保健師等による進捗確認面談を行い、 その後は少なくとも1ヶ月に1度の確認面談となります。

また薬の飲み忘れや睡眠時間等の確認等の細かな事へのフォローアップを目的の中心として、 日々メールや電話によるフォローを行います。

再度、健康診断の結果を確認

一年後の健康診断の結果で、数値が改善されていることを確認します。
またその後も更なる改善を目指して、PDCAサイクルによる改善実施を行います。

PDCAサイクルの計画表です。計画、実施、評価、改善それぞれの項目に、実際に行われた内容が具体的に表として示されています。

「健康管理士」だからできる活動の範囲

日本人の3分の2近くが生活習慣病で亡くなっているように、現代における生活習慣病は重大な問題です。
生活習慣病は、日々の習慣から積み重ねられたことによって引き起こされます。

毎日の生活習慣を見直し改善すれば予防可能な疾患とも言えます。
病気を未然に防ぐためにも、病気になる前の生活習慣の改善が何より大切です。

・不規則な生活・偏った栄養バランス・運動不足・ストレスの増加・喫煙・飲酒・高齢化社会の加速・肥満・高血圧・脂質異常・高血圧・高尿酸値など・がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧病・脂質異常症・痛風など現代社会を取り巻く環境生活習慣病予備軍病気の発症健康管理士病気の発症を予防健康なカラダに

競合他社との違い

専門家が「計画もフォローも繰り返し面談を行う」ことが競合他社との一番の違いです。

項目 競合他社 弊社
改善候補者の抽出
  • 企業側で改善候補者を抽出していない
  • 産業医は改善候補者がわからない
産業医が活躍できない
  • 健康診断結果票をすべて預り、データ化
  • 「個人別・項目別ワースト一覧表」(オリジナル)を作成、産業医へ提出
  • 最初の面談をする産業医の判断を容易にしている
産業医が活躍できる!
健康自覚醸成 自覚情勢の必要性がわかっていない
本人の意思が変わらないので効果が出にくい
本人に健康改善を行う動機づけを徹底して行う(面談前の集中勉強会)
本人の意識が変わるので効果が出やすい!
改善計画 具体的な計画の作り方がわからない
改善に数値目標がない
改善されたのかがわからない
PDCAサイクルを利用した計画書を本人と健康管理士等医療チームが複数回面談して作成(PDCA計画書)
数値目標を設定した現実的な計画
改善結果がはっきりわかりモチベーションアップ
進捗フォロー 改善計画がないのでフォローの仕組みもない
フォローとならない
健康管理士等医療チームより少なくとも月1回の面談によるフォローを行う
メールなどでの日々のフォローも
問題点も共有できるフォローとなる
(複数回の面談を行う事例は弊社のみ)

最後に

「健康管理士」は、"予防医学""健康管理"のスペシャリストです。
生活習慣病を見直し、環境改善など、
「健康管理」や「予防医学」の正しい知識で病気の発症を予防します。